garubo to oreo
プロフィール

galmama

Author:galmama
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5月の終わり
5月がはじまったときはゴールデンウィーク真っ只中で 
まさかこんな5月の終わりを迎えているとは思いもしなかった・・・

でも 
この前も ガルボのことをすごぉぉぉぉく可愛がってくれていたおじさんに会って
「亡くなりました」と報告したら

「そっかぁ・・・公園に寝ていたときになでたのが最後になったなぁ」
「もう一目だけでも会いたかったなぁ」と涙を流してくれました
「本当に可愛がってくれて ありがとうございました」って言うのが精一杯でした

そのおじさんの言葉で気づいたのですが
飼い主なんだから当然なのかもしれませんが
私は 最後の瞬間までガルボの側にいられました
ずっーと 触っていられました
それが どれだけ幸せなことだったのか
改めて 気づかせて貰いました

生きているときももちろんだったけど 亡くなってからもやっぱりガルボはすごい!!!
simasim.jpg

写真は 13歳のお誕生日にプレゼントされたぬいぐるみと一緒に・・・


スポンサーサイト
ガルボ 休憩中
まだまだ ガルボのこと書きたいことが尽きなくて・・・
真っ只中のときは なんだか書けなかったけど
今から もう少し 私の思い出話にお付き合いください

ガルボはずっーと公園が大好きでした
行くと『帰りたくない』って寝転んでました
私も付き合っていたけど お店にお客様が来られると ずっと付き合っているわけにもいかず
お店から見えるところに 木に結んで 寝かせていたり・・・

一度 結ぶ所がないんだけど 動かない(一人ではもう動けない)からいいかって思ってそのまま寝かせていましたら
迎えに行ったとき
知らないおじさんが・・・
「あんた飼い主さんかな?良かった。 捨てられとんかと思って心配しとったんじゃ」って言われました
「ご心配かけました ありがとうございました」って帰ってきて

翌日からは
『休憩中 ご心配なく』っていうゼッケンを付けていました

そのお陰で ガルボのことを知ってくれている人達はなでながらちょっとの時間付き合ってくれたりして
とてもほのぼのとした時間が流れていました 

kyikei.jpg

初七日
今日はガルボの初七日です
「まぁ 人間並みに・・・」とか
「お骨を連れて帰るものじゃない」
「なるべく早く忘れなさい」
などなど それが亡くなったワンコに対する最大の供養っていう風にいわれる方もいます

もちろんある意味そうなのかもしれません

でも 何が正解かなんてその人それぞれの考え方だと思うのです

「人は何とでも言う」
「言わせたい人には聞いているふりだけしていればいい」
「自分が納得がいくように したいようにすればいい」
って言ってくれた方もいて
もちろん 私のしたいようにしました

そのお陰で 毎日ガルボと向きあってぃられるしまだ私の側にいてくれている気がしています
今はこの状態が私にとっての正解だったと思っています


たくさんの方たちが ガルボを愛してくれて心配をしてくれてそして「忘れない」って言ってくれる
心に響く言葉で気持ちを伝えてくれる

ありがとう
虹の橋
幸せな時間をありがとう

こんなに素敵に紹介してくれて がるぼの可愛いお写真まで載せてくれました



でも その一方では・・・
ここから先 もしも思い当たる方がいるとしても 「これはフィクションでありすべてはガルボママの作り話だ」って思ってください


[READ MORE...]
ありがとうのつづき・・・
ガルボが寝込んでからは 考えないようにしていたけど
元気なときは時々思っていました
「ガルボがいなくなったら 私はどうするんだろう?どうなっちゃうんだろう?」って

毎日一緒にお店にいるのだから ここにいなくなったら
私は辛すぎて ここにいたくなくなっちゃうんじゃないだろうか?

ガルボ以外のワンちゃんのこと触れるんだろうか?

もしも亡くなった後 ガルボの名前が会話に出てくるたびに泣いてしまうんじゃないだろうか?

すごく怖かったです
想像するだけで涙が出てくるくらいに心配でした

でも ガルボが 私たちのことを考えていたとしか思えないような最期を迎えて
どうにか元気にしていられます
普通に喋れて お仕事が出来ています

不安で仕方なかったのに 不思議と落ち込むであろう時間には誰かが必ずそばにいてくれて
笑うことまで出来たりします

ガルボが亡くなったことを知らない人までが
「ガルボは元気?」って 
私が一番苦手な時間(暗くなりかけた夕方 本来ガルボと2人だけになる時間)に来てくれたりします
ガルボが呼んでくれたとしか思えないねーって喋ったり・・・

そんなこんなで 私は元気にしています

ただ・・・
1つだけお願いがあります
「かわいそうに・・・」って言う言葉にへこみます
使わないでくれたら嬉しいです
そして 「次の子は?」っていう質問は
「まだ全然考えられません」としか答えられません
聞かないでくれたら嬉しいです



ありがとう
ooyagarubo.jpg


13年間 離れることなくずっーーーと一緒にいてくれたガルボがとっても遠い所に一人で旅立っていきました
2月中頃から少しづつ 歩きづらくなったり調子の良いときと悪いときがあったりで心配はしていたけど
毎日毎日 私に幸せだなぁ~って感じさせてくれたガルボ
こんな幸せがあることを教えてくれたガルボ

まだまだ頑張ってくれると勝手に思っていたけど もう充分頑張ってくれたのですね。
苦しそうなお顔をするわけでもなく 困らせることも無く 楽しいことだけ味あわせてくれて
眠ったままのようなとても安らかな最期でした
57cc717b571282bab4c537351f0b2485.jpg


ありがとう
何度言っても足りないくらいのありがとう

そしてたくさんの方々がお別れとお見送りに来てくれました
ガルボのお陰で知り合えた方たち
皆さんにも 言っても言っても足りない「ありがとう」

世界で1番大好きだったよ。
今でも1番大好きだよ。
こんな私の所に来てくれて ホントにありがとう
たくさんの幸せをありがとう
少しだけ成長させてくれてありがとう
ずっーと ずっーと一緒にいてくれてありがとう
忘れないよ





ペットと乾杯
wanwancup.jpg


ワンワンカップとスパークリングワンイン
お誕生日のプレゼントってシリウス君の父さんに頂きました
こんなのがあったんだぁ~て驚いたけど
もちろんワンコ用でアルコール分はゼロです
もう少し みんなに見てもらってから開けようかなぁって思ってます
楽しいプレゼント ありがとうございました


 





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。