garubo to oreo
プロフィール

galmama

Author:galmama
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初七日
今日はガルボの初七日です
「まぁ 人間並みに・・・」とか
「お骨を連れて帰るものじゃない」
「なるべく早く忘れなさい」
などなど それが亡くなったワンコに対する最大の供養っていう風にいわれる方もいます

もちろんある意味そうなのかもしれません

でも 何が正解かなんてその人それぞれの考え方だと思うのです

「人は何とでも言う」
「言わせたい人には聞いているふりだけしていればいい」
「自分が納得がいくように したいようにすればいい」
って言ってくれた方もいて
もちろん 私のしたいようにしました

そのお陰で 毎日ガルボと向きあってぃられるしまだ私の側にいてくれている気がしています
今はこの状態が私にとっての正解だったと思っています


たくさんの方たちが ガルボを愛してくれて心配をしてくれてそして「忘れない」って言ってくれる
心に響く言葉で気持ちを伝えてくれる

ありがとう
虹の橋
幸せな時間をありがとう

こんなに素敵に紹介してくれて がるぼの可愛いお写真まで載せてくれました



でも その一方では・・・
ここから先 もしも思い当たる方がいるとしても 「これはフィクションでありすべてはガルボママの作り話だ」って思ってください


ガルボの足の力が入りづらくなったとき ほとんど1日中寝ている状態のときでも
抱いて公園に連れて行くと 必ずオシッコとうんこをして私達を大喜びさせてくれました

毎朝の日課として「今日はどこの公園に行こうかぁ~」って 車でガルボが大好きな場所に行きました

いよいよ歩けなくなってからは抱くのがしんどくて 台車に乗って行きました
時々は二度見されたり
「年寄りかな?」
「その犬は歩けれんのかな?」とか
「もう長くないんかな?」
っいう心無い質問も1度や2度ではありませんでした
garubogo.jpg


でも ガルボは とても気持ち良さそうに芝生に横になっていたり 支えると一生懸命に踏ん張って
立って用を足していたから
そんな馬鹿な質問も無視することが出来たし 
「私達は 本当に幸せだね」って
「このままこの状態がずっーと続いてくれるともうそれ以上は何も望まない」っていうくらい幸せでした


でしたが・・・
とうとう力が尽きて亡くなってしまい
大勢の方々にいろんな思い出を残して逝きました

それこそ 人それぞれに感じてくれているんだとは思うのですが

寝ているときからガルボに近づこうともせず もちろん触ろうともせず
自分ちの子を抱いて立ったまま
「まだ大きいから怖いなぁ~私の頭の上まで逃げようとするぅ」って大笑いしていた人が
「うちの子は うちの子は・・・」って自分ちの子にしか興味の無かった人が

「すごく悲しいですぅぅぅ」って言ってくれてもうそにしか聞こえないし
「大好きだったガルボが亡くなりました」って ブログに書かれたって
もしかしてブログのネタが出来たって喜んだんじゃないの?
としか 思えない私自身にも腹が立ちます


ガルボはきっと「それでもいいじゃないか~僕は気にしないよ」って言っているはずです
ですが 
ガルボがいなくなってから なんだか訳のわからない感情が溢れてくる私には我慢が出来ないのです

本当にガルボのことを思ってくれていない人に面白半分に話題にはして欲しくないのです






 
スポンサーサイト

この記事に対するコメント
ずっとそばに...。
ガルボくんなら、
「それでもいいじゃないか~僕は気にしないよ」
うん、うん、そう言ってる気がするよ(^.^)
ママとパパの、まっすぐな愛をからだいっぱい受け止めていたもんね。
それだけで十分幸せだったんだもんね。
看病も、何もかもが楽しい時間だったよね。
ガルボくんは、いつもまっすぐママを見てたもの。
わたしもラリーの看病の時間がずーっと続いてくれたらいいのにって思ってたよ。
ずーっと一緒にいたかったんだもん...大好きだったんだもん...ガルボママと一緒。。。
ガルボくんのことで心の中が壊れそうだったろうに...辛いこといっぱいあったのね。
時間が少しずつ癒してくれる...そう信じてます...。
【2008/05/27 22:01】 URL | ルーにゃん #o25/X8aE [ 編集]

考え…
私ブログに書かせてもらいましたが、考えさせられました。
お友達が亡くなったときはブログで今まで書いてきたお友達が亡くなって虹の橋に行ったこと書こうかどうか悩みますが、ご冥福をお祈りしたいと言う思いと色んな思いが混ざって…
何て言っていいか、何て書いていいかわからないけれど…
私はおもしろ半分にはお友達のWanちゃんのこと書きたくないです。
飼い主さんの思いもわかるから…
いえ、わからない部分も多いかもしれないけど…
私も紫音も玲萌音もガル君大好きだったから。
いつも優しかったがル君。
たくさんの人&Wanちゃんを癒してくれてたし。
精一杯生きるってことの意味も教えてくれたように思います。
自分ちの子のことで頭いっぱいになっちゃうこともあるけど。
心の中が、ガラスのように壊れそうだったのですね。
なにも出来ず、何も言えずごめんなさい。
【2008/05/27 22:27】 URL | かあち #PkN2IxDo [ 編集]


昨日ガルボくんのこと聞きました
遅くなってごめんなさい

輝くゴールデンの毛色
看板犬の貫禄
優しくておちゃめ
豪快な食べっぷり
男らしいいびき
ガルちゃんはあこがれの先輩でした
出会えてうれしかった
ほんとうにありがとう
いつまでの心の中に...


【2008/05/28 08:19】 URL | yukico #- [ 編集]


ルーにゃんさん
ずっと そばに ずっーーーと一緒にいたかったですよね。
大好きだったもん
離れたくなかったもん
お互いにあんなに良い子たちに巡り合えて幸せでしたね。
辛い事もいっぱいあったけど あの子がそばにいてくれたらほかの事はどうでも良かったんです
時間と・・・あの子が残していってくれた大切な人達やわんこさんたちに癒されている気がします
ただ 今はもう少し時間が必要なのでしょうね。
いつも気にかけて頂きありがとうございます

かあちさん
面白半分に書いてやろうって自覚して書いている人はいないと思います
(そんな人いたら性格悪すぎですから)
私が書いた言葉がきつすぎたのでしょうね。

ただ 行動(言動)と 書いている事が違うんじゃないかなって思うっていう事なんです
もちろん 自分ちの子が一番なのは当然の事だし
事実 ここ何ヶ月かの私がそうでしたし
だけど それを全面に出していいときとそうじゃないときはあると思うのです
私の言いたいこと うまく 伝わらなかったらごめんなさい

yukicoさん
たっくさん心配していただいたのにお知らせにも伺わずにすみません
この前も見ていただいたとおり ガルボは本当に頑張ってくれました

クリオ君はいつもガルボの事立ててくれて寝ていても一目置いてくれて
ガルボも最後まで喜んでいたと思います

こちらこそ 本当に出会えて嬉しかったし このご縁を大切にこれからもどうか変わらぬお付き合いをよろしくお願いします







【2008/05/28 16:22】 URL | ガルボママ #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://garubo.blog88.fc2.com/tb.php/73-1f4bb3da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。